大塚隆史が修斗で大爆発!“怪物”安藤達也相手にスネ狙いのカーフキックが炸裂し鮮烈な修斗デビュー戦となりました。
今後も大塚の動向から目が離せません。
まず対戦して下さった安藤選手、並びに大塚の修斗参戦に向けご尽力頂いた関係各位の皆様方本当にありがとうございました!

PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.7 Supported by ONE Championship
第7試合 メインイベント フェザー級 5分3R
×安藤達也(フリー/修斗バンタム級環太平洋王者・世界1位)
○大塚隆史(T-GRIP TOKYO/元DEEPバンタム級&フェザー級王者、元WSOF-GCバンタム級王者)
1R 2’12” TKO (棄権:右足の負傷)

修斗 11.23 後楽園ホール:大塚隆史、修斗初戦で環太平洋王者の安藤達也を撃破「佐藤選手と岡田選手、できますか?」(BOUT REVIEW)
BOUT REVIEW 【修斗】11.23 後楽園ホール

【修斗】初参戦の大塚隆史が安藤達也にTKO勝ち、平良達郎は清水清隆の攻略に成功、石橋佳大が復活勝利
GONG 【修斗】11.23 後楽園ホール